2006年04月16日

甘夏みかんの畑

060416.jpg甘夏の樹の根元を見てみると
甘夏の色づいた物がたくさん落ちています。
少し前に降った大雨と強風で落とされたのかと思いましたが、
そうではなく、美味しくて大きな果実にするために間引いたものだそうです。
よく見ると、少し小粒ではありましたが、食べれそうな色具合ですので、
もったいないような気がしました。
美味しいものを作るのには、いろいろ苦労があるみたいで、甘夏をもらいにいって
1時間ばかり、話を聞かせていただきました。甘夏に対する愛情が強く感じられ、この美味しさを逃がさないうちに、完売しますと約束して帰ってきました。
明日も約束を守るべく完売を目指します。

posted by huchann at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | みかん専門情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間引いたみかん、本当にもったいないですね。
でもそのみかんが、また肥料になったりするのでしょうか?
Posted by すーやん at 2006年04月17日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16664014

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。